メジキーパーB

テープ関係

押さえコンクリート防水改修工事の伸縮目地処理方法に新提案!!

【メジキーパー】は、今までの目地処理方の問題点
を解決するために開発されました。
押さえのコンクリートは夏期の日射によって60℃以上に上昇し、冬期の放射冷却によって-20℃程度まで下がります。この温度差(80℃)によって、3mピッチで設置された伸縮目地幅は、平均で2.5mmほど広がり且つ挟まります。

自着層が伸縮目地の動きを吸収し、7mmピッチで配された金属片により歪みを生じさせる
ことなく、平坦性を維持し、線膨張が起きない耐久性の高いメジ処理材です。

今までの伸縮目地処理方法はこの動きによって改修した防水層の目地部が夏期には凸状になり、冬期は凹状になりました。
既存の伸縮目地材を撤去し、【メジキーパー】を目地の上から張るだけでの施工で、この動きを吸収し、一年を通して平坦性を維持します。          

特徴

・既存伸縮目地部のキャップと発泡体を外し、プライマー塗布後メジキーパーを張るだけで目地処理が完了します。

テープ形状の為、取り扱いが容易です。

・テープ裏面の自着層によって下地に接着します。

・テープに組み込まれた板状金属片によって伸縮目地を平坦にします。

・金属片の組み込まれていない任意の場所で容易に切断できます。

・自着層が伸縮目地の動きを吸収し、目地部の平坦性を維持します。

・金属板が歩行時の重厚感を与えます。

・伸縮目地材撤去後にバックアップ材の挿入が不要です。

・ウレタン塗膜防水材や通気緩衝シートとの接着が良好です。

・密着工法(150mm幅の補強クロスを推奨)、通気緩衝工法の両方で使用出来ます。
従来の伸縮目地処理
メジキーパーBの伸縮目地処理

仕様

規格 幅100㎜×長さ15m/巻
<ブチルゴム系粘着材、金属片、離型紙>
厚み 約1㎜
重量 約2.5kg/巻
入目 4 巻/ケース
色:ブラック
設計単価

製品カタログ(標準施工手順書PDF

PAGETOP
COPYRIGHT © 2015 株式会社秀カンパニー ALL RIGHTS RESERVED.